AGA治療で用いられるザガーロの効果

ザガーロ開発はどこまで進むのか

ザガーロとは2015年に厚生労働省の認可を受けたAGA治療薬(頓服)でイギリスの製薬メーカーにより開発され、プロペシア同様前立腺疾患の治療からAGA治療へ派生した経緯があります。この薬品には、デュタステリドという成分が使用されており、AGAを進行させる要因である5αリダクターゼをシャットダウンする目的で発毛を促進させます。

AGAの原因は人により異なりますが、多くは遺伝的要素で、早い人では20代前半から50代後半にかけて男性に発症し、代謝が大きく係わり、生年期以降男性ホルモンの分泌低下や男性ホルモンであるテストステロンという物質が還元酵素である5αリダクターゼと結合することによりジヒドロテストステロン(DHT)に変換することで脱毛が進み、またヘアサイクルを乱します。ヘアサイクルは髪が生えてから通常であれば4年から6年で生え変わるサイクルでありながら、未成長の髪が細く短いまま抜け落ちてしまい、毛根が弱り、徐々に髪のハリや太さが失われ、頭髪全体が薄くなっていきます。


--次--AGE治療に特化した専門医にザガーロを投薬してもらう

アイドラッグマート
ザガーロ